江戸時代から受け継がれ伝わる古式。倉吉市指定無形民族文化財。

おかげさまで2018年の祭は終了しました。

2019年開催予定日 9月15日(日)

関金御幸行列について

【関金御幸行列】

関金御幸行列は、関金町の三神社の秋季例大祭で行う大名行列を模した行列で、所作・構成の異なる三社の行列が同時に進行する形態に特色があります。
もともと旧暦の9月9日に行われていましたが、現在は9月第3日曜日前後に行われます。

倉吉市指定無形民俗文化財(平成23年6月7日指定)

【起源】

江戸時代後期の天明年間に遡り、幕末に樗谿神社(鳥取市)の古式祭礼を神官戸板某から習ってきたと伝わっています。
道具は藩から交付されたとか、樗谿神社のものを貰い受けたとの説があります。

【特徴】

行列は、先頭を湯関神社(平坦な道中型行列31人)、次いで大鳥居神社(登城型で登り坂道中行列26人)、最後に日吉神社(下城型で下り坂道中行列28人)。
総勢約90人が昔ながらの奴姿・武者姿で行います。
現在の経路は、大鳥居の市役所関金庁舎前を出発し、関金温泉街を通って湯関神社先の地蔵院まで、約1kmの距離を練り歩きます。
県下各地でこれに類した御幸行列・時代行列が行われていますが、最も華やかな御幸行列と評されています。
幕末に鳥取東照宮の行列が絶えてしまった現在、「権現流」の一部を偲ばせるものと位置付けられています。

【豆知識】

①各行列隊の掛け声

湯関神社:先箱が「エーヨイヤナー、エーヨイマカセ、エーエーヨイガ、シャシャシャアー、シャシャシャントセノセ、イヤハレバイサノサ」と踊りながらはやす。
大鳥居神社:先箱が「オーイ」と大声を発する。
日吉神社:湯関神社と同じ。

②各行列隊の行列時の指先
湯関神社:登城の行列のため、指先が上向き。
大鳥居神社:道中の行列のため、指先が水平。
日吉神社:下城の行列のため、指先が下向き。

【昭和23年の写真】

動画(2011年の様子)

見どころと行列スタート位置のご案内

【例年の行列出発日程】

午後1時頃:倉吉市役所関金庁舎裏出発、鳥取銀行関金出張所まで

午後2時頃:Aコープせきがね店前出発、石井菓子店前まで

午後3時頃:国道313号線関金宿信号出発、関金宿中町まで

午後5時頃:関金温泉旅館街到着

【最初のスタート位置】倉吉市役所関金庁舎裏

Blog

関金御幸行列の公式サイト公開

この度、関金御幸行列の公式サイトを公開しました。 伝統ある関金御幸行列の歴史や祭りの様子をお伝えします。 イベ …

FACE BOOK

  • facebook

当サイトで使用している画像・テキストデータ等の複製・無断転載は固く禁止しています。

PAGETOP
Copyright © 関金御幸行列伝承保存会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.